« 胡蝶蘭 | トップページ | 錦江湾の鯛釣り »

居酒屋

知人の定年退職による送別会を、居酒屋でやることになりました。

場所は天文館、天文館公園近くの「舞妓」いや「舞姑」という店。

会が始まり、ひとときは昔話や知人の人柄などについて話に花が咲いていました。

隣に座っている人が、なぜか焼酎についてのウンチクを語り、妙にこだわりを持っている。私はどちらかというとアルコールが入っていれば大抵の飲み物はおいしく感じる。焼酎の味も原料が「芋、黒糖、麦、米」くらいの判別しか判らない。

私のポリシーは、焼酎は庶民の飲み物であって、安くてうまい「おやっとさ~」が一番と思っている。いまどきの焼酎は1本1万円とか5千円とかあるようだが、もらったもの以外わざわざ買うことはない。

ま、せいぜい頑張っても価格は2千円どまりです。

そういう会話を交わしていると、「ここでは並んでいる焼酎のどれをリクエストしてもかまいません!5千円で飲み放題です。」とのこと。もちろん料理もついている。

隣に座っていた人は、この店の主人らしく、私の好みを聞き、自らチョイスしてくれました。

その焼酎が次の銘柄です。

W500 “龍しらかね”白金酒造の焼酎です。

Cimg3565w500_2 丸西焼酎合資会社の“むかし むかし”これはお湯割りにすると甘く感じ、杯が進む。 20年の古酒が売り物とか。

一昔は10年・・・むかしむかしだから20年・・・というわけだ。

Cimg3567w500

  名前からして貫禄十分、国分酒造の“女王蜂”これもなかなか捨てがたい味。

ここまで味わっていると、もう何を飲んでも旨い!

それぞれの味があるのだが、ここの主人から薦められると、おいしく感じるということだ。

次に出てきたのは

Cimg3569w500 明石酒造の“ないな”・・・ないな?

う~ん ウケを狙ったネーミングなのか?

お湯割と水割りで飲んでみる。

Cimg3568w500_2 鹿児島酒造の“二兎不追”

辛口、27度の焼酎というのも珍しい。

Cimg3570w500 みなさん、この焼酎を味わったことがあるでしょうか?

殿様しか飲めなかった焼酎だそうです。

ラベルからして優雅、杯も特別なもので、いただきました。

“祝酒 島津雨”米焼酎です。

味は以前、秋田に旅行したとき、飛良泉という酒蔵を訪れ、大吟醸を飲ませていただきました。そのときの味に良く似ていました。

フルーティな香りと味、ロックでいただきました。

その後のことは飲みすぎて覚えておりません。

不覚。

|

« 胡蝶蘭 | トップページ | 錦江湾の鯛釣り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

このブログを見ると色々な焼酎があるんですね私は今のところもっぱら家では黒伊佐か島美人を好んで飲んでいます。居酒屋に行くとこちらでは、いいちことか白波など後は化学焼酎系が多いです。本場の焼酎を鹿児島で皆とのみたいな。

投稿: しぞーか人 | 2008年3月30日 (日) 20時35分

こんばんわ、焼酎?いいな・・・・
おいさんも、だいやめは、おやっとさーの黒です。
ちなみに5リットル3500円です。
黒伊佐とあんまり変わりません。。美味いよ!!

投稿: おいさん! | 2008年3月30日 (日) 21時38分

静岡のしぞーか人さん
熊本のおいさん
ようこそのお越しを・・・あいがともしあげもす。

やっぱり鹿児島ならではの焼酎が揃っていますよネ
舞姑では、いろいろ講釈を聞いて「うん、これは記録しておかなくちゃ」と思ったのですが、食い意地が張っていると言うか、飲み意地が張っていると言うか・・・飲んでいるうちに記憶はどこかに置き忘れてきました。再度、舞妓いや舞姑に行って、ウンチクを仕入れてきます。

投稿: ナスがママ | 2008年4月 1日 (火) 08時41分

こんにちは。

「祝酒 島津雨」飲んでみたいです。

お米から造られているのであれば、においがあまりなさそうですね

お酒もお友達と楽しく飲むと、ますます美味しくなりますよね

投稿: キウイ先生 | 2008年4月 8日 (火) 14時14分

キウイ先生 ようこそ

そうなんです今日はうまくいったからお祝いだ・・・とか、今日はチョンボをやったからゲンなおしだ・・・とか、なんだかんだ理由をつけて集まっては飲み、最近、量が増えているのでは?と時々反省しています。遠からずアル中の仲間入な~んてのは避けたいですからね。
でも、島津雨~美味しかったですよ殿様の焼酎で手に入らないらしいです。

投稿: ナスがママ | 2008年4月10日 (木) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋:

« 胡蝶蘭 | トップページ | 錦江湾の鯛釣り »