« 高千穂神楽 鈿女の舞 | トップページ | 高千穂神楽 御神体の舞 »

高千穂神楽 戸取の舞

天照大神がお隠れになった、天の岩戸の前で、アメノウズメノミコトがおもしろおかしく踊ります。

天照大神が、少し岩戸を開けて外を窺ったところを、タジカラオノミコトがこじあける・・・という日本書紀の神話に基づいて舞われている神楽、その謂れを聞きながら見ると、面白く感じます。

それでは、タヂカラオの「戸取の舞」をどうぞ!

タヂカラオがこじ開けた岩戸を、ほおり投げたところ、長野県まで飛んでいったというのも、突拍子も無いことなのですが、神様におわしますれば、さもあらん・・・と、妙に納得したしだいです

現代の子供にこんな話をすると、ウルトラマンと戦うとどちらが強いか.....?

と、聞かれそうですね。

次は、イザナギ、イザナミの国起こしの舞です........

|

« 高千穂神楽 鈿女の舞 | トップページ | 高千穂神楽 御神体の舞 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高千穂神楽 戸取の舞:

« 高千穂神楽 鈿女の舞 | トップページ | 高千穂神楽 御神体の舞 »