« 甑島 里町散策 | トップページ | 上椎葉ダム~五ヶ瀬、高千穂ドライブ »

鶴富姫 伝説の椎葉

鹿児島県中小企業組合士協会の視察研修で椎葉、高千穂に出かけることになりました。ここでは、視察研修のことは省きます。

時は11月7日(金)~8日(土)、秋の紅葉を見物しながら、一路鶴富姫伝説の椎葉へ....。

朝8:20産業会館集合、8:30出発、高速に乗り人吉へ、人吉から免田、多良木をとおり、水上村、湯山を通過、ここから急カーブの多い峠へと上っていきます。Cimg4208w600

途中の山々は赤や黄色に色づき、紅葉真っ只中。残念ながら空がどんよりとして、雨が降りそうな気配です。

Cimg4210w600 道路は1車線の狭い道路をくねくねと曲がりながら進みます。

しかし、渓谷から山の頂上まで紅葉が楽しめます。

出発してから約3時間20分、ようやく鶴富姫伝説の椎葉へ着きました。

Cimg4186w600 先ずは腹ごしらえです。鶴富屋敷の隣にある食堂で、山菜料理を楽しみました。

椎茸、ワラビ、ゼンマイ、竹の子、様々な山菜を保存していたものが食卓に並べられています。特に菜豆腐は椎葉独特のものでした。ヘルシーな昼食を済ませ、鶴富屋敷(那須家住宅)を見学します。

Cimg4218w600 昭和31年国の重要文化財となったこの建物は、藤原期の寝殿造りで、建築技術から約300年前の建立と云われている。

さて、話は歴史を遡る事約820年ほど前の1185年、源平の壇ノ浦の戦いに敗れた平家の残党は、全国各地へと落ち延びました。

ある一行は険しい山を越え、熊本の阿蘇路を経て九州山脈の最も奥深い椎葉へとたどり着きました。

Cimg4227w600 何時しかこのことは鎌倉幕府に知れ、源頼朝より追討の命を受けたのは「扇の的射」で有名な那須与一でしたが、与一が病気であったため、弟の那須大八郎宗久が軍勢を率いてこの椎葉を目指します。

険しい道を越え、やっとのことで隠れ住んでいた落人を発見、そこで大八郎が目にしたものは、かつての栄華もよそに、ひっそりと農耕をやりながら暮らす人々でした。

大八郎は哀れに思い「椎葉の平家の残党は一人残らず討ち果たした。」と幕府に嘘の報告します。

その後、大八郎はこの地に屋敷を構え、この場所で生活していこうと決め、平家の守り神である安芸の宮島から厳島神社の守護神を勧請して建立します。

やがて、平清盛の末裔である鶴富姫と出会い二人の間にロマンスが芽生えます。そして姫の屋敷の山椒の木に鈴をかけ、その音の合図に逢瀬を重ねます。

庭の山椒の木 鳴る鈴かけて

鈴の鳴るときや 出ておじゃれ

鈴の鳴るときゃ 何というて出ましょ

駒に水くりょと 言うて出ましょ

そのような中、幕府から、「すぐに兵をまとめて帰れ」との命が届き、仇敵平家の姫を連れて帰るわけにもいかず、大八郎は一人で帰ることにします。

このとき鶴富姫は身ごもっており、大八郎は別れの印に名刀天国丸を与え、「生まれた子が男子ならば我が故郷下野の国へつかわせ、女ならこの地で育てよ。」と言い残し椎葉を発ちます。

和様平家の 公達流れ

おどま追討の 那須の末よ

那須の大八 鶴富おいて

椎葉立つときゃ 目に涙よ

このような悲恋の物語がのこる鶴富屋敷でした。

Cimg4241w600 椎葉村長さんとともに、鶴富屋敷をバックに写真を撮りました。

村長さん椎葉の皆さん、ありがとうございました。

この後、資料博物館、上椎葉ダムを見学します。

|

« 甑島 里町散策 | トップページ | 上椎葉ダム~五ヶ瀬、高千穂ドライブ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまです。思わずのめりこんでしまい本当に勉強になります。これからも楽しみにしてます。

投稿: しぞーか人 | 2008年11月10日 (月) 21時16分

しぞーか人さん

お久しぶりです。お元気でしたか?
コメントありがとうございます。
なかなか楽しい旅でしたよ

また、おいでください。

投稿: ナスがママ | 2008年11月11日 (火) 09時47分

椎葉は、紅葉が進んでいるんでしょうね。
今度、15日 五木から泉村散策予定です。
乞うご期待!!

投稿: おいさん | 2008年11月12日 (水) 22時11分

おいさん

五木へ行くのですか?

椎葉の方は60~70%程度と言われていましたので、もう紅葉は見ごろだと思いますよ!
是非、キレイな写真をお願いします。

投稿: ナスがママ | 2008年11月13日 (木) 10時01分

椎葉の歴史は薄々は知ってはいましたが、
このブログではっきり分かりましたよ。
有難うございました。 o(_ _)oペコッ

投稿: おごじょ | 2008年11月20日 (木) 15時14分

おごじょさん

コメントありがとうございます
椎葉の「ひえつき節」の基となった鶴富姫伝説は、わかりましたでしょうか?
聞きかじりの文章ですが、あちこちネットを検索すると、いろいろ出てきますよ!

投稿: ナスがママ | 2008年11月21日 (金) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴富姫 伝説の椎葉:

« 甑島 里町散策 | トップページ | 上椎葉ダム~五ヶ瀬、高千穂ドライブ »