« メイド・イン・東大阪 | トップページ | ゴージャス »

親知らず

昨年の秋ごろから、食事の際に奥歯に痛みを覚えるようになりました。さっそく歯医者さんで見てもらったところ、親知らずが歯茎の中に横たわっており、それが成長しようと歯茎を破り奥歯に影響を与えているため、ものを噛んだときに痛みが走るようになったとの説明がありました。

親知らずをネットで検索してみると...

「親知らず」(親不知・おやしらず)とは、前から数えて8番目の歯で、第三大臼歯、知歯とも言われているそうです。20歳前後で生えてくる歯のため、平均寿命が40歳前後だった昔の人たちは、自分の子供の親知らずが生えてくる前に亡くなってしまってこの歯を見ることが出来ない、というのが親知らずの名前の由来だと言われているそうです。

歯医者さんからも....

親知らずは生えてくる場合と生えてこない場合(又は最初から無い場合)があるのですが、親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があり、そのような場合には将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高く、最悪の場合は手前の健康な歯(7番)を巻き添えにしてしまうため、早めに抜歯しておくことが推奨されます。

また、親知らずが虫歯になってしまった場合、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいので、治療をしたとしても高確率で再発します。

・・・という説明を受けて、抜歯することにいたしました。

歯医者さんからは「抜歯は歯茎を切開し骨を削るので痛いです、血が出ます、23日は腫れます。大丈夫ですか?」と言われるし、周りの人も「イタイですよ~ッ!!」「抜歯した日は顔が腫れあがり、夜は疼いて眠れませんでしたよ!」と散々おどされて、当日を迎えました。

まず、診察台に座ると赤ちゃんのヨダレかけのようなものを2枚掛けます。その次に口のまわりだけ切り取られた布を顔に掛けます。それから抜歯する歯茎の周りに麻酔薬を注射していきます。歯茎だけではありません「ベロ」にも麻酔の針を刺します。一瞬「アッ間違ってベロにも刺してしまった!」と思ったのですが、見透かしたように先生が落ち着いた低い声で「ベロにも麻酔を掛けます!」と....

待つこと10分、口の中がしびれてきて、感覚がなくなりました。

顔に布を掛けられているので見えませんが、なにしろこの歳になるまで、麻酔をして手術をするなど初めてのことなので、近くでガチャガチャと器具を並べる音が聞こえるたびにドキドキします。

口を目いっぱい開いたところで、歯の上下につっかい棒のようなものをはめ、口が閉まらないようにします。最初は歯茎を切開しているような感じはしますが、どんなことをしているのかわかりません。そのうちに“ピュ―ン”という音とともに歯を削り始めました。「ガリガリガリッ」という音が頭中に、というより頭蓋骨のなかで共鳴し合ってとてつもない音に聞こえます。と同時に口中にタンパク質が焦げるような臭いが広がり重苦しい痛みがつきぬけます。

「ガァァッ!」(口を開きっぱなしと口がしびれているので言葉にならない)と声を出すと、先生が「(_・)エッ....? 痛いですか?ガリガリガリッ」、私「アガガガ!」先生「イタ~イですか?ガリガリガリガリッ」、私「アガガガ!」。

先生「おかしいなぁ~じゃもう一本打っとこ」といって、麻酔をもう一本。

その後、ガリガリが済んだあとは、ゴキッゴキッと歯を割るような音や剥がすような音が続く。

先生「もう少しなんだけどなぁ~」と言いながら「少し休憩」と言って口のつっかい棒を外し、器具の点検をしている様子。

「ウア~ッ、いつまでこれが続くのだろう?なんだか親知らずがなかなかとれないようだし…!」と思っていたら、「じゃ始めます」とまた「ゴキッゴキッ」と始めた。体重をかけてゴキッゴキッとやるため、力を入れて首で支えていても顔が揺れて横を向いてしまう。もう体中汗びっしょり。

30分くらいで、ようやく親知らずが取れました。傷口を2針ほど縫って、しばらく脱脂綿を噛んで血を止めます。

痛み止めと抗生物質を飲んで、ようやく解放されました。

しばらくは言葉がはっきりしません。麻酔が切れると同時にズキッズキッと痛みが加速してきます。

仕事を終えてうちに帰ると、風呂が沸いていたので、風呂に入り、風呂上りにビール(ではなく第3のビール)を飲んで、夕食はおじやで我慢しました。

食後、いただいた薬を飲もうと開けてみると、注意書きが入っており、それによると、当日は風呂に入ってはいけない、アルコールは一切飲んではいけない・・・と書いてあります。そういえば、歯医者さんでそういう説明があったのをすっかり忘れていました。

やってしまったことは仕方がない....と薬を飲んで寝床に入ると、ズキッズキッと頭に響いていましたが、いつの間にか眠っていました。

|

« メイド・イン・東大阪 | トップページ | ゴージャス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 誰もコメント書かないもので・・・・
ママさん 痛かったでしょう。。
親知らずって・・・若い頃でいるんじゃ・・ないかな?

その後 元気そうで 安心しました。。

投稿: きゅうりがパパ。 | 2009年3月 4日 (水) 22時31分

きゅうりがパパさん
コメントありがとうございます
の日、の日、時々の日、時にはが交る今日この頃です。

投稿: ナスがママ | 2009年3月 6日 (金) 09時32分

初めまして、サン九州男(くすお)です。
私も親知らず抜いた夜にビールを飲んで
大変な目にあった事を思い出しました(涙)

投稿: サン九州男 | 2009年3月 8日 (日) 23時32分

サン九州男さん

コメントありがとうございます。
頭に近いところの痛みは、格別ですよねぇ!
また、遊びに来て下さい。

投稿: ナスがママ | 2009年3月10日 (火) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親知らず:

« メイド・イン・東大阪 | トップページ | ゴージャス »