« 夏祭りと花火 | トップページ | 夏野菜の収穫 »

庭の手入れ

我が家にも猫の額ほどの庭がある。その狭い庭に木を植えているので、わずか数本の木でも、手入れとなるとかなりのエネルギーが必要となる。

お盆前に庭木の剪定をした。

最近は電動バリカンなどという便利なものもあり、結構素人でもプロのように剪定ができる。高い木の剪定は、以前はそう感じなかった高さが手足の自由を委縮させる。

伸びほうだいとなった庭木の下は太陽の日が差し込まず、やぶ蚊がたむろしています。

選定を始めると、外敵侵入とばかり襲いかかる。

やぶ蚊に毛虫、芋虫、植木鉢の裏にはナメクジと様々な虫がいるなか、頭は帽子、首をタオルで保護、顔は防虫のネットを被り、長袖のシャツに滑り止め付きの手袋、念のため防虫のスプレーを振ってと、完全武装をしたのは良いが、日中30度を超す猛暑、暑~いのなんの、バケツで水かぶった様な汗をかきながら格闘し、1日中かかってようやく形を整えた。

Cimg4821w600

その後のカットした枝や葉っぱの掃除が大変。カミさんが手箒で丁寧に細かい葉っぱの屑まで取って、45Lのゴミ袋8個と、老朽化したプラスチック花鉢や割れた陶器の花鉢などが1袋、大量のゴミとなった。

ようやく風通しの良い庭になったところで、庭樹の消毒薬を噴霧してようやく完了。

1w600

ひと風呂浴びての夕食のビールは...(_)アッ....イヤッ発泡酒はこたえられません。但し、体中のあちこちがぎしぎししています。明日は体中が悲鳴をあげそうな予感がします。

|

« 夏祭りと花火 | トップページ | 夏野菜の収穫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭の手入れ:

« 夏祭りと花火 | トップページ | 夏野菜の収穫 »