« やつしろ全国花火競技大会 その2 | トップページ | 家庭菜園(里芋の収穫) »

緑地帯の狸

8日(月)の朝、車で産業道路を走っていると、卸本町交差点から50mくらい先の中央線のあたりに動物の死骸が転がっている。この道路は片側2車線の幅が広く、交通車両も多いので、犬とか猫が道路を横断中に車に撥ねられるケースが多く、死骸が2日くらい置き去りの事がある。

通りがかりに犬かな?と見ると、尻尾がふさふさとして長い。用事を終えて帰りがけに反対側から見ると、目の周りが黒い。狸だ!

それにしても、こんな街中に狸がいるとは...

道路沿いに緑地帯があるので、そこに住んでいた狸かもしれない。中型犬の大きさほどある。

最近、人間のエリアに熊や猿が侵入してくるニュースがTVでさかんに流されているが、まじかに見るのは初めてだ。

動物も人間の生活圏の方が餌となるものが多く暮らしやすいのかもしれないが、人間が扱う文明の利器は、動物にとってリスクの大きい環境だろう。

もともとは、動物のエリアに人間が侵入して行ったので、いまは深く静かに奪還しに来ているのかな?

|

« やつしろ全国花火競技大会 その2 | トップページ | 家庭菜園(里芋の収穫) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑地帯の狸:

« やつしろ全国花火競技大会 その2 | トップページ | 家庭菜園(里芋の収穫) »