« キャベツ | トップページ | じゃがいもの植え付け »

島津重富荘

2w500

重富荘は、島津久光の三男珍彦(うずひこ)が住んでいた邸宅だったそうです。

以前は島津家別邸という高級旅館で、野外での「お狩場焼き」という宴が売り物でしたが、いつの間にか閉まってしまい、今は「マナーハウス重富荘」と呼ばれる結婚式場になっている。

此処のフレンチレストランが人気ということで、2月4日にグループで出かけました。

W500 結婚式場の控室なのかバーのカウンター付きの部屋です。

0w500 雰囲気はテーブルにキャンドルなどしつらえて、豪華な感じを出しています。

ここのレストランの売りは、「殿様がゲストをもてなされたこの謁見の間で、総料理長宮元伸一郎氏がおくる本格的フレンチとのこと。鹿児島ならではの食材をふんだんに使い、年齢をとわずお楽しみ頂ける至福の一皿に仕上げています。日本人の舌に馴染むフレンチの真髄を、庭園を眺めながら和のしつらえでご堪能下さい。」というもの。

2w500_2 まず、シャンパンで乾杯。

31w500 前菜

42w500

5w500 パンはバターまたはオリーブオイルで

6w500 あんこうだったか?にトリュフがのっかって、季節の野菜を添えて

7w500 なにかの包み焼き?

8w500 口直し

9w500 エゾ鹿とフォアグラ

10w500 口直し

11w500 デザート

12w500 食後のコーヒー

飲物はビールとワイン、ワインはフランスのあまり聞いたことのない銘柄。

料理と飲み物合わせて15,000円也。

鹿児島ならではの食材って野菜類だったのかな?

レストランというと、本日の料理のお品書きなどおいてあり、料理の内容が確認できるのだが、ここの場合は口頭で説明してよく解らなかった。

あんこうとかエゾ鹿はたぶん鹿児島産ではないだろうし、う~ん

高いのか安いのか不明。次に来る時は、見栄っ張りのお客さんを連れて来るかな?

次いで2次会に天文館へ行ったが、なんとなくムカムカして吐きそうな気分になったので、途中で退散することにした。

|

« キャベツ | トップページ | じゃがいもの植え付け »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島津重富荘:

« キャベツ | トップページ | じゃがいもの植え付け »