« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

錦江湾(喜入・平川沖)釣り

4月29日の祭日(昭和の日)に今月3回目の釣りとなった。

朝5時15分マリーナ集合、出港の準備をあわただしく済ませ5時30分出港。

今回は喜入沖方面で、湾に産卵のために外海から入り込んでくる鯛を狙うことにした。

ポイントにつくころには、朝日が顔をだし周囲を幻想的な風景に変えた。

Scimg6208

今回は、ブラブラ20号に餌は冷凍エビの仕掛けで第一投。まずは鯵がかかった。その後イトヨリ、タマガシラ、鯵などポツポツ釣れるのだが、肝心の鯛はなかなか釣れてくれない。

あっちこっち場所を移動していると、またまたイルカの群れが見えてきた。

Scimg6210 Scimg6211_2

ボートを追っかけてくる。別のイルカはボートと並んで泳ぐ。

Scimg6215 

イルカが近くに居ると、他の魚が逃げてしまうので、釣り人にとってあまり歓迎されない動物だ。

Scimg6224

遠くに離れて行っては、また近づいてくる。

Scimg6225

早くどっかへ行ってくれ!

Scimg6226

沖へ向かって泳ぎだしました。

Scimg6227 

Scimg6228

また、引き返してきました。

最近はイルカの群れとよく遇いますが、錦江湾に増えているのかな?

おかげさまで、今日の釣果はお土産程度でした。

次の機会を楽しみに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

錦江湾の釣り4月

ピピッ!ピピッ!という目覚ましの、最初の“ピ”の音で目が覚めた。

4時、まだ真っ暗の中、コーヒーをいれるためにドリッパーにフィルターをセットし、沸騰したお湯を通します。

ドリッパーが温まったらお湯を捨て、コーヒー豆をフィルターに入れ、しばらく置いていたお湯が適温になったところで、少量のお湯を中心からのの字を書くようにいれ、全体がフワーと膨らんできます。いい香りが部屋中に広がり、眠気もすっかり無くなります。

このまま少し待ってからさらにお湯をかけて約200CCほどのコーヒーの出来上がらり。コーヒー豆はスプーンさんの所から買ってきた深炒りの少し苦味のある香ばしい香りのエート、なんとか?という豆です。

この淹れ方はスプーンさんの淹れ方をじっと見ていて、何度か真似していたらなんとなく美味しくなったような気がしたので、このような淹れ方をしています。スプーンさん間違っていたらゴメン。

パンに田舎の叔母さんが作ってくれた柚子の皮で作った甘ったるーいジャムをつけて食べるとき、この苦いコーヒーがさらに美味しく感じます。

そうです!今日は釣りなんです。

早々に車に乗り込んで、いつものマリーナへ。

Kenさんと釣り具、弁当、飲物、クーラーボックスなどをボートに積み込みます。この出航準備をしているときが、いちばんワクワクします。

今日のポイントは指宿、知林ヶ島付近です。

2011040313590000

写真の島が、知林ヶ島です。谷山港から約50分、今日は波もなくスムーズに着きました。

ポイント周辺では釣り船は少ない。今日は大潮で潮の流れが強い。

最初は、テンヤに枝針を付けた仕掛けで試してみたが、アタリが無い。次にテンビンの仕掛けに替えることにした。

仕掛けをいれた直後、撒餌を散らすためにシャクッていたら、生簀をつなぐワイヤーに引っ掛かり、仕掛けを切らなければならない羽目になった。

場所を変えようと、Kenさんが魚探を見ながら移動していると海底の大きな瀬があったので、その場所にアンカーを打ち、釣ることにした。

第1投目、いきなりアタリが...大きな鯵が2匹。

それ以後、仕掛けを入れるたびに釣れる。ときにはサバフグに仕掛けを切られる。

ときどきイトヨリや鯛が釣れます。のんびりと弁当を食べる暇もなく、釣り続け、クーラーボックスがいっぱいになったので、納竿とすることにしました。

帰る途中、生見海岸沖でイルカの群れに遭遇。

Iruka3

この写真、デジカメが無かったので携帯で撮りました。シャッターが思ったときに切れず、ワンテンポ遅れてきれるので、イルカが浮いた瞬間シャッターを押したのですが、潜った瞬間にシャッターが切れてしまいます。

Iruka1

ボートをゆっくり走らせると、ボートに寄ってきて、並んで泳ぎます。

Iruka2

なんだか海の写真ばかりですね。

イルカの群れと別れて一路谷山港へ。

今日は鯵の大漁で、ご近所へおすそわけです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひぐまの缶詰

熊の肉を食べたことがありますか?

わたしはあります。というより、初めて食しました。

というような書き出しをしますと、熊を丸ごと木の棒にさして、焚火で炙って食べたようなイメージですが、事実はこれ!

Cimg6187w500

実は、これ、北海道に住むharbor418さんから頂いたもので、非売品です。

Cimg6189w500

ひぐまですねェ~、そしてハンターは

Cimg6191w500

ご好意で頂いたもので、さっそく頂いてみます。

Cimg6195w500

醤油味で、少し甘く味が付けてあります。

熊の肉とは思えないほど柔らかく、鹿児島の焼酎に合います。

今夜はこれを肴に、「龍馬とお龍」という名の焼酎で晩酌です。

Cimg6186w500

この焼酎の瓶はカラフルですねぇ~、沖縄の魚市場で見た魚の色に似ています。

今日は珍しい熊の肉とカラフルな瓶の焼酎で夜は更けます。

明日は釣り、4時起床の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »