« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

龍馬ゆかりの宿 霧島ホテル

関係先の親睦会で、霧島へ11日から12日にかけて行ってきました。

宿泊は硫黄谷温泉霧島ホテルで、幕末の英雄「坂本龍馬」と「おりょう」が温泉療養のため、この地を訪れたという、龍馬ゆかりの宿です。

Photo_2  資料展示コーナーには、坂本龍馬がおとめ姉さんに宛て、高千穂の峰に登った様子や天の坂鉾などを絵いりで書かれた手紙が展示されています。また、坂本龍馬が持っていたとされるスミス&ウェッソンの短銃も展示されています。

当日は、どしゃぶりで霧島の山々は霧で視界が悪く、おまけに途中の道路は温泉の湯けむりで2~3メートル先がやっと見える程度。ノロノロ運転で昇って行きました。

ようやくホテルに到着。

まずは温泉...と大浴場へ。

この温泉はプールのように深く、深いところは1.4メートル。

一日八万石の湯量といわれるだけあって、お湯が滝のように流れ落ちてきている風景は壮観。さらに真ん中あたりに高さ4~5メートルも吹きあげる噴水がある。

Photo_4 

さらに、その奥は鉄幹の湯という露店風呂で、与謝野鉄幹の短歌が刻まれている。

Photo_5

夜の宴会は、ライトアップされた杉木立がきれいな霧島の間で、料理を楽しんだ。

Img_1427w600

この杉木立はホテルの先代が植林したもので、次のような短歌があちこちに貼られている。

W600

斧を入れない、霧島山とは、この杉の山のことかな?

2w600   

3w600   

5w600

よかばんでしたぁ~

明日は、高牧カントリークラブでゴルフです。

でも、ものすごいどしゃぶりです。

無理かな...明日は...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

共同通信の世論調査

5月4日の地元新聞に、共同通信の世論調査の結果が掲載されていた。

問1.菅直人首相は、東日本大震災の対応に一定のめどがついたら退陣する意向を表明しました。あなたは菅首相が辞めることについてどう思いますか。

  辞めるのは当然だ    48.1

  辞める必要はない    45.1

問9.あなたは菅内閣を支持しますか、支持しませんか。

  支持する   33.4 前回調査:28.1 (゚Д゚)ハァ?

  支持しない  58.8 前回調査:57.4

問10.あなたはどの政党を支持しますか。

  民主党    25.9  前回調査:20.3 (゚Д゚)ハァ?

  自民党    25.7  前回調査:26.5

(数字はいずれも%)

う~ん これって日本人への世論調査なんだろうか?

ペテン師呼ばわりされている首相に「辞める必要はない」と回答した人が45.1%もいるなんて...

さらに菅内閣が前回より支持率が上がっているなんて( ゚д゚)ポカーン

「野党の出した不信任案に賛成するやり方は下の下」といったり「明日不信任を野党が出したといえども乗ります。」といったり翌日は「野党の出す不信任に乗るのは邪道。」と言ってみたり、「恐縮ですが身を捨ててください。」とのルーピー鳩山の言葉を神妙な顔をして聞いていた菅首相が「辞めるなどとは言っていない。」と言いつつ、形勢が悪くなると幹部総出で言い繕う作戦に出たり、一日一日言うことが違っていても45.1%の人々はそれを当たり前と思い、さらにこのような集団でも支持率が上がるという。

あのような見苦しいなりふり構わぬ行為も支持されていると思うと・・・

救いようがない...絶句としか...ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅内閣不信任案

2日野党は菅内閣に不信任案を突き付けたが、当初の予想と違い大差で否決された。

岡田幹事長は内閣不信任案を否決した2日夜、日本テレビの「NEWS ZERO」に出演し、「菅総理は退陣するなどと一言も言っていないメディアが勝手に言っていることで、覚書に書いてあることがすべてだ。」とhttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20110603-00000007-nnn-pol。

「震災復興の途中で、首相を代えるべきではない」とか「政争をしている場合ではない」という意見がTVに出演する議員やコメンテーターからよく聞かれるが、菅総理が震災対応の責任者であったこの2カ月半あまりのあいだ、被災地復旧対策、東京電力福島第1原子力発電所事故への対応はどんなだったか?遅々として進まぬがれきの処理、仮設住宅の建設、原発に海水注入を止めさせたとか止めさせなかったとか。

結局、尖閣諸島の中国船船長の対応が手に負えなくなり「那覇地検の判断で釈放した」と那覇地検の責任にしたように、東電の原発対応が手に負えなくなると「海水注入は東電の所長の判断で注水を続けていた」とか...な~んか同じパターンに見えて来る。

もともと不信任案の意味は、「この国の政治を今の内閣に信頼して任せられるのかどうか」を問うことではないだろうか。

不信任案採決直前に開かれた民主党の代議士会で、菅総理は震災と原発事故対策に一定のめどがついた段階で退陣する意向・・・正確には「一定のめどがついたら若い世代にいろいろな責任を引き継いでもらいたい」と表明した。当日朝まで不信任案賛成に傾いていた多くの民主党議員がこれを勝手に退陣表明と受け取り、こぞって反対に転じた。

政府も、賛成票を出す予定であった議員本人たちも、一同にホッとしたことだろう。

ところが、菅総理の言う「一定のめど」とはいつの事やら解らない、早期退陣になると思った議員たちは、うまく乗せられたものだ。この震災復興がもたもたと長引くほど菅総理は地位にとどまれるということだ。今風でいえばワロタwww

もともと菅総理に震災復興を任せられないから不信任案に賛成するという一部の民主党議員たちが、菅首相が震災復興にめどをつけるまで退陣時期を待つというのであれば、はじめから不信任案に同調する必要もなかったはずで、また菅総理が代議士会で辞任をほのめかす必要もなかったんでは?

報道を見ていると「民主党の分裂を回避するために反対に回った」という議員がいたが、震災復興より民主党政権維持を優先させたといっているのに等しい。

しかし、さすが菅直人、ルーピー鳩山をパシリに使い、天才的な計略によって、決着を先送りさせた。

世も末

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車のルーフキャリア

田舎の天井裏の竹を運ぶために、車のルーフキャリアを探しにカー用品の店(全国展開のチェーン店)に出かけた。

長い物を運ぶので、できるだけルーフの前と後ろに間隔が広い方が良いのでは...とパンフを見るが適当なものが無いので、少し年配の店員に尋ねると、「TERZOはこのパンフにあるだけです」と。

「街なかではルーフキャリアに二連梯子や脚立を積んだ車を見かけるけど、あんなのは無いのですか?」と訪ねると解らないらしく「???」という顔をしていた。

ところで、このルーフキャリアの前のバーと後ろのバーを離して取りつけることは可能か?と尋ねたところ、「不可」との回答。「機能的には可能のような気がするが...」と聞くと「それはお客様の責任で取り付けて下さい、当社は責任を持てません」とのこと。(・_・)エッ....?何故?と聞くと

「パンフに書いてあるから...」

と理由は説明できなかった。まったく商品の知識さえないんだから・・・。

後日、友人が使っていないルーフボックスを持っているというので、譲ってもらうことにした。

現物を持ってきてもらって取りつけると、しっかりと固定され、高速を走っても問題無かった。ただ、ボックスを開けるときの支えになる「ガスダンパー」がガスの圧力が低下しており、役に立たない。

よって、また例のカー用品の店に行った。

また、前の店員が出てきたので、現物を見せ、「このダンパーの取り寄せをお願いします。」というと「型が合うかどうか解らない」と不安そうにいうので、自分でメーカーに直接問合わせ確認したうえで例の店へ発注した。

数日経って別の店員から電話が来た。

若い男の声「メーカーに問い合わせたらぁ~在庫があるそうなんですよぉーう~ん~っ、それでぇ~代金を払ってもらってからぁ発注するんですよぉ~う~ん~っ」。

お客さんに向かって返事が相づちかしらんが「う~ん」は無いだろう...!と思ったが、「えっ?じゃあ前金ってこと?そんなの聴いてないけど、とにかく急ぐんで発注かけといてよ!今仕事中だし、時間取れないからあとでお金持って行くから!」

「えっ?そうするとおぉ~金が入ってからの注文になりますしぃ~んぅぅ~ん、いまぁ~東北の方が震災で配達が遅くなるって言ってるしぃ~うぅ~ん、まだ遅くなりますよぉ.~うぅ~ん」

「いいから!言ったとおりにしといてよ!キッパリ

「でもぉキャンセルできませんよぉ?」

めんどくさくなってガチャ!と電話を切る。

なんだこんな接客でよう営業出来てるな~と思いつつ、それから4日後、再℡

〇〇と申しますが、注文の品、届いてますか?」

今度は女性の声で「ハイッ〇〇様ですね、確認しますので少々お待ちください。

・・・・・・・・・・・・・・・・20秒・・お待たせいたしました、ご注文の品届いております。いつ頃おいでになりますか?」

「今日午後6時に伺います。」

「ありがとうございます!料金は5,250円でございます。カウンターのあるサービス係までお出で下さいませ。私〇〇と申します。その時間私は居りませんので係の〇〇に引き継いで置きます。本日はありがとうございました。」

絵にかいたような電話の応答。ほほうやれば出来るじゃない!

ちなみに、店の名前は“オート〇〇ス”、最初の応対の男性が正社員で、確認の電話応対の女性がパートの方でした。

これからクレームをつける時、正社員に対し「おまえじゃわからん!パートを出せ!」という時代になるのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »