« 指宿 | トップページ | オロシティー夏まつり »

指宿周辺の散策

朝、8時50分、ホテルロビーへ集合しバスで周辺を散策することになっている。が、台風の影響でものすごいどしゃぶり。どうにかなるだろう...といつもの軽い気分で出発。魚見岳に登る頃は雨脚も弱くなり、頂上に着いた頃は少し青空が見えてきた。

魚見岳から知林ヶ島を望む。白い波が続いているところは、干潮時に道ができ、歩いて渡る事ができる。

Cimg6406w500

南側は指宿市内を一望できる。

Cimg6409w500

魚見岳から池田湖へ回り、大うなぎを見てから、日本最南端のJR駅へ向かった。

Cimg6417w500 西大山駅で、別になんの変哲もないが、幸せの鐘や幸せの黄色いポストなどがある。

Cimg6414w500

黄色いポストCimg6416w500

Cimg6420w600

この駅の風景で一番気に入った場所は、ここです。

Cimg6418w500

枕崎へ向かって、薩摩富士と云われる開聞岳が見えます。きれいな円錐形の山ですが、あいにく頂上は雲で覆われ見えません。

この駅をあとにして、西郷隆盛が湯治に度々訪れていたという、うなぎ池の温泉郷に向かいます。

うなぎ池の民家にはスメという温泉の蒸気を使って調理するかまどが、どこの家にも必ず設置されています。茹でる、蒸すなどいろいろ利用できるそうです。

Cimg6421w500 硫黄のにおいが立ち込めており、民家は高床となっています。

Cimg6424w500

どこを掘っても蒸気が出てくるそうですので、換気のために高くしているのですかね?

そうそう、ガイドさんが言っていましたが、「指宿」の語源は「湯豊宿(ゆほうしゅく)」がなまってゆぶしゅくとなり揖宿から指宿となったらしいです。

うなぎ池の散策が終わり、指宿駅から各駅停車の列車で帰ります。

|

« 指宿 | トップページ | オロシティー夏まつり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この前 知林ヶ島干潮の時撮って来ましたヨ。
身近な 指宿 満喫でしたネ。

投稿: | 2011年8月10日 (水) 10時25分

知林ヶ島の動画見せてもらいましたよ!
グーでしたね。

ちょうど、
海が割れるのよぉ~
道ができるのよぉ~

ウチのかみさん~ッ
買うさハム2ダース!

ってな時間に行ってたんですね

投稿: なすがまま | 2011年8月11日 (木) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指宿周辺の散策:

« 指宿 | トップページ | オロシティー夏まつり »