« 犬の里親探しの会 | トップページ | 海潟湾の釣り10月 »

インカ帝国展

マチュピチュ「発見」100年、インカ帝国展を見に行ってきました。

ペルー南部のクスコを中心に15世紀から16世紀にかけて繁栄したインカ族の国。

巨大な石の建築物や黄金細工、織物など、当時としては高い文化を持っていたが、1533年スペインによって滅ぼされ、最後の王アタワルバは処刑される。その時の処刑の様子は、首に刃物を当て小槌でトンとたたいて首を落としたと絵に描かれている。

S_2

インカの農耕儀礼、芸術と工芸、石材による建築技術、ミイラなど興味深い。また、3,500mの高地にある都市や広大な国土を統治するために、各地から情報が集められ、その情報伝達のためのインカ道整備、文字が無い代わりにキープというものを使って情報伝達が行われていたとか。

Inka06

このミイラ!(パンフより)はなんだか視線を感じますね!

最後に歴史家ハイラム・ヒンガムがインカの道を探検し発見した遺跡「マチュピチュ」を3Dスカイビューシアターで見せてくれます。マチュピチュへの旅という3Dの映像は結構迫力があります。鳥の視線でマチュピチュの都市や太陽神の神殿など見ることができます。

入口に模型がありましたので写真を撮りました。

S_3
なんだか模型とは見えません。

|

« 犬の里親探しの会 | トップページ | 海潟湾の釣り10月 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インカ帝国展:

« 犬の里親探しの会 | トップページ | 海潟湾の釣り10月 »