« じゃがいも(男爵)の収穫 | トップページ | 紫君子蘭 »

錦江湾の釣り

6月8日、久しぶりに釣りに行くことになった。

Kさんが電動リールを買ったので、ついでに買うことにした。

一番安い、ダイワのハイパータナコン500F。

Sp6160013
朝5時出港、ポイントは鴨池沖。

仕掛けは天秤の2本針、第一投は慣れなくて手間取った。船止めの位置を設定しなかったので、2メートル下で止まる。

糸を巻き上げた際に、仕掛けを手に取るためのちょうど良い高さに最初の設定することが必要です。この高さを1メートルに設定しなおし、そのほか便利な機能がいろいろあるが、今回は省略する。

後は、電動なのでずいぶん楽に巻き上げができる。

最初はアタリがあったら、即巻き上げのスイッチを入れる。タイミングがなかなかうまくいかず、魚をばらすことがたびたびあったが、時間とともに要領がわかってきた。

釣りの最中も、竿先を見ながらお茶を飲んだり、ビールを飲んだり余裕ができた。非常に楽になった反面、魚のアタリや取り込むまでの感触が楽しめないのが欠点。

強いアタリに巻き上げのスイッチを入れると、途中で魚が引っ張るためモーターに負荷がかかる。時々止まりそうな音になり糸が出ていく。魚が疲れるとまた自動的に巻き上げていく。

「大きいぞ!」とワクワクしながら、上がってきた魚を見てがっかり。1mほどのサメが掛かっていた。

今日の釣果は、鯵、鯖、イトヨリ、鯛など。あちこちに配っても、鯵の刺身、塩焼、鯖のシメサバなど、1週間は酒の肴ができた。

電動リールも使い出したら、手巻きは使わなくなるかも...と思う一日でした。

|

« じゃがいも(男爵)の収穫 | トップページ | 紫君子蘭 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦江湾の釣り:

« じゃがいも(男爵)の収穫 | トップページ | 紫君子蘭 »