« 東京都知事選 | トップページ | 夏祭り(町内会) »

靴の棚(日曜大工)

日曜大工が大好きで、上手くは無いが物を作るのはなかなか面白い。父が使っていた大工道具(電動カンナ、カンナ、のみ、のこなど)持ってきているので、いままで縁台や花鉢の台などつくっている。
今回は、以前、田舎の家から持ってきた、竹を利用してなにかできないか、考えていた。
材料はこれである。
Sp7280015
田舎の家は天井裏に収穫した穀物を保存していた。これは、囲炉裏で火をたくことによる煙が防虫の役目を果たすことで、1年中保管できるのです。
孟宗竹を天井に並べ、煙の通りをよくし、その穀物を乗せていたので、竹は煤で真っ黒になっています。しかし、磨いていくと飴色の光沢のある竹となり、なにか民芸品でも作れそうな気がします。
玄関の靴が靴箱に入りきらず、玄関の隅に並べてあるので、棚を作ることにした。
計測すると、幅66cm、高さ66cm、奥行き30cmの棚がはいる。
ホームセンターから、木材の端材、ビスなど購入する、1,200円ほど。
1日目、端材で骨格を作り、ペンキを塗って、ビスで止める。
2日目、竹を66cmの長さに切り、その竹を適当な幅に割っていく。そして、最初に作った骨格にビスで止めていく。
完成したのが、これ。
Sp7280012
一番上に観葉植物を置き、下2段に靴を収納した。
なんとなく、民芸調で、玄関にぴったり。
まあまあのできかな

|

« 東京都知事選 | トップページ | 夏祭り(町内会) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

う~ん渋い 色といい艶といい素敵です。

いよいよ夏本番体調に気をつけてお互い頑張って

この夏乗り切ろう。 しかし今日も暑い

また、ブログを楽しみにしています

投稿: | 2016年7月30日 (土) 11時28分

コメントありがとうございます。
いつの間にか7月も終わり、8月1日、月日の経つのは速いものです。

いろいろ作るのは楽しいですね

過去には、田舎にあった杉材を焼いて、花鉢を入れる額縁風たなをつくったりしました。
このページ↓です。
http://nasugamama418.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-8865.html

ここのところ、雨が全然降らず、35℃の日が続きます。
熱中症などに気を付け、ご自愛のほどを...

忙中、閑あり

暑中に、涼あり...と参りたいものです!

投稿: ナスがママ | 2016年8月 1日 (月) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靴の棚(日曜大工):

« 東京都知事選 | トップページ | 夏祭り(町内会) »