« 庭の紅梅 | トップページ | 映画鑑賞会 »

2月18日釣り

朝6:45、マリーナを出港。
潮見表によれば、満潮8:50、干潮14:57、中潮。
Dsc00385
天気は良さそうですが、空はうすく霞がかかったようで、朝日がぼやけています。
うねりがあり、船は上下左右に揺れます。
Dsc00386
深さ80mくらいの最初のポイントでアンカーを下ろし、アタリを探ったがそれらしき反応がないので、いつもの桜島寄りのポイントに移動。
9時頃になると、波も治まり、アタリも出てきた。
Dsc00384
釣りをしていると、おこぼれを目当てにカモメが集まってくる。小さな魚が掛かり、80mくらいから引き上げると、気圧の関係で失神状態なので、リリースしても生き返らない。そんな魚を狙って集まってくるのだ。
 
Kamome
その中の一羽がクチバシから釣り糸を垂らしている。口を開いて、水面に激しく叩きつけ、糸を外そうとするが外れない。多分、釣り針を飲み込んでいるものと思われる。
以前は、自分で仕掛けを作り、釣り針や糸は大事にしたものだが、最近はできあいの仕掛けが安くで釣具屋さんに並んでいる。それを利用する釣り人は1回使った仕掛けは捨てるのである。捨てる際にキチンと持ち帰りゴミとして分別して捨てれば良いのだが、中にはそこいらに放置したままの釣り糸や釣り針が見受けられることがある。釣り客が残した釣り針などに餌がついたままだと、鳥などが飲み込む場合がある。多分このカモメもそういう針を飲み込んだのではないか?
今後、糸がクチバシに絡まったり、飲み込んだ針で餌が食べられなくなったら、この鳥は衰弱して死ぬだけだろう。
心なしか、元気がすっかりなくなり、針のついた餌を飲み込んだことを悔やんでいるような表情に見える。
 

|

« 庭の紅梅 | トップページ | 映画鑑賞会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月18日釣り:

« 庭の紅梅 | トップページ | 映画鑑賞会 »