« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

7月17日愛犬メイのトリミング

5月12日にメイの毛先を揃える程度のカットをしてから2ヶ月経過。
もうすでにぬいぐるみのように毛が伸びて、ここのところ暑さが厳しくなって来たので、カットすることにした。
2時から風呂に入れ、肛門絞り。ドライヤーで毛を乾かしながら、縮れた毛を引き延ばしフワフワの状態にする。
耳の垢をミミクサイヤーの液体で拭き取り、耳の掃除。
それから首から下の毛をを3ミリのバリカンでカットし、お腹の部分は1ミリでカット。足首にボンボンを付け、顔・頭など夏向きに短くカット。
途中で休憩を挟み、集中出来なくなったメイをなだめすかし、カットを進めていると突然予期しない動きに、ハサミで耳を傷つけてしまった。
すると、メイは今まで信頼して身を任せていたのに、不安そうな表情になり、飼い主の動揺を感じ取ると、さらに予期せぬ動きが加わる。
それでもメイは我慢して6時頃にはなんとかトリミングを終わることが出来ました。
このころには耳から流れていた血も凝固し、終わるとご褒美のおやつをうれしそうに食べていました。
Dsc00526
苦痛から解放され、うれしそうに部屋を走り回ります。
Dsc00529
お客さんが来ると玄関へお出迎え。


Dsc00525
今日は長い時間よく頑張りました。バスケットにアイスノンを入れると、中に入って寝てしまいました。
Dsc00523

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月16日海の日

海の日は、海で遊ぼう~yacht、ということで、釣りに出かけた。
3:50起床、朝食をかき込み、車に道具を積み込み、途中で昼食用の弁当を買い込み、マリーナに4:50到着。慌ただしく出港の準備をして、5:00出港。
谷山沖でカマスを釣る予定。
ポイントについて、オキアミの撒き餌にサビキをつけて、第1投。
小さな当たりで上げてみると、20cmほどの鯖の子が連なって上がってくる。この鯖は脂はのっておらず、スカスカで美味しくないので、リリース。
次に上がってきたのは、アジの15cmほどの魚と鯖のミックスが連なって上がってくる。
魚探を見ると深さ40m位のところに大群が写っている。
これではカマスが餌を見つける前に、アジ・サバが掛かってしまう。
しかたなく別のポイントに移動。
平川沖の生け簀を繋ぐ浮きに7隻ほどの遊漁船が居たので、ここの浮きにぶら下がることにした。大きな当たりに、思わず合わせて巻き上げると、途中で引っかかってしまった。
魚探を見ると、どうやら浮きと浮きを繋いでいるワイヤーに引っかかったようだ。
魚が掛かっているのがわかるので、糸を緩めると下に引っ張って外れるのでは?と思い、糸を緩めると、道糸までワイヤーに巻き付き、途中から切る羽目になりました。angrydash
この日は、ものすごい暑さに、持って行った麦茶・水のペットボトル3本も早や亡くなり、11時頃まで、この場所で釣りましたが、アジ・サバをクーラーボックス一杯釣ったので納竿としました。
小型の魚ばかりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月11日野菜の収穫

菜園を覗くと、トマトが熟していたので収穫してきた。
そのほか、ナス、トウモロコシ、パプリカ、オクラなど収穫。
Dsc00520 畑の中は雨の後で、雑草がものすごい勢いで陣地を広げてきている。
暑さの中で、草むしりは...catfacesweat01ナンギだあなぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FIFAワールドカップ2018決勝トーナメント

日本対ベルギー戦を見るために、寝室のテレビをNHKの放送時間にセットし、早めに就寝。
7月3日 2時30分にテレビが点いて部屋が明るくなり、目が覚めた。
もうセレモニーが始まっている。
にわかサッカーファンは、なんとなくドキドキしながら見入った。
なんと言っても、FWのロメル・ルカクのデカイことcoldsweats02sweat01
大迫が子供のように見える。
前半0ー0で折り返したが、ベルギーに終始押され気味、後半に期待。
後半が始まると、柴崎のパスが原口にとおり、原口がシュート、先制点だhappy02note
この後、要注意のアザールがドリブルからシュート、ゴールポストに当たってヒヤリsadsign04
この後、パスを受けた乾が中央付近からシュート、これで2点目ゲットhappy02scissors
おおッ!これはひょっとしていけるんじゃないかcoldsweats02shine...いやキッと勝利だnote
と、思ったのだが...ベルギーの選手がコーナーキックからの流れでヘディングでフラフラっと中に入れてきたボールがGK川島の頭の上を越え、あれれsign02という間にゴールに入った。
川島もこのボールを他の選手がシュートをするものだと身構えていたように見えた。が、そのままゴールに入っちゃった。ウーン残念happy02bomb 防げないボールには見えなかったのに!
その後、ベルギーの選手交代で葉加瀬太郎を縦に引き延ばしたような馬鹿でかい選手が、コーナーキックからヘディングで同点ゴール。振り出しに戻っちゃったweepsweat01
そしてアディショナルタイムに入り、本田のコーナーキックを直接受け止めたゴールキーパーがベルギーの選手の前に転がし、そのボールを3人の選手がドリブルでゴール前まで運び、日本選手は追いつけないまま、ゴール。3-2で日本は敗れた。
世界の壁は厚くて高いcoldsweats01sweat01
でも、日本の選手は良く戦ったsign03
とても良い試合でしたsign03
初めて深夜までテレビ観戦しました。
やっと寝れるconfidentsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ツン」のピンバッジがきました

明治維新150年記念イベントの一環としての、キャラクターグッズのうち、西郷どんの愛犬「ツン」が売り切れ状態でしたが、ようやく入ったとのことで、買いに行きました。
Saigou_bajji
よく見たら、ツンが一番大きく、だんだん小さくなり、大久保利通のバッジは細く陰が薄いように見えます。
これは、大久保さぁーに、ごぶれいさーごわしたbearingsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FIFAワールドカップ2018

6月19日の日本対コロンビア戦は、日本の予想外の活躍で、面白く中継を見ていました。
これはにわかサッカーファンとしては、対セネガル戦も見なくちゃあ!ということで、眠い目をこすりながらテレビ観戦。
引き分けになったけど、手に汗握るいい試合でした。
これはひょっとすると...と、6月28日のポーランド戦も寝不足の目を見開いてテレビ観戦。
ところが、先の2戦までは、あまり気にならなかった解説者と実況中継のアナウンサーの耳障りな声にウンザリ\(*`∧´)/
「引き分け以上で決勝トーナメントにいけるんです!」、「引き分け以上で決勝トーナメントにいけるんです!」「引~きワけェ~以上でェ~ケッショォー...」

ウルサ~イ(#゚Д゚)y-~~イライラ

わかってるんですよそんなこと!dashいちいちわめかなくてもimpact
解説者というのは、誰が考えてもわかるようなことを、さも重大事のように重々しい口調で解説するのですね!途中で音声を切って無音で観戦しました。
残念ながら負けてしまいましたが、セネガルがコロンビアに負けたせいで、決勝トーナメントに上がることが出来ました。
最後の戦いの仕方で、後日賛否両論の議論があったようですが、次へ進むためには良しとすべきでは?と思いました。
次も見るぞぉ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »