« 2018年9月 | トップページ

10月28日錦江湾の釣り

前回の釣りで、サバを大量に釣り、シメサバやコンブ巻き、サバのソテーなど好評だったので、懲りることなく、また釣りです。
Dsc00590
秋サバは脂がのって美味しいのです。
今日も絶好の釣り日和、桜島や沖小島周辺には沢山のボートや遊漁船が集まっています。
Dsc00591
桜島も久しぶりに噴煙を上げています。
Dsc00589
南の方を望むと、開聞岳の三角錐の形が見えます。空気が澄んでいるのですね。
のんびりとしていると、いい気持ちでうとうとしてきます。
近くを通った船の波で、イスから転げ落ちそうになり、気づくと魚が竿を引っ張っていました。なんと43cmのサバが...
今日は割と大きな型ばかりが釣れたので、12:30に納竿。マリーナに戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンモクセイの香り

ここ数日、窓を開ける度に甘い香りが漂う。
庭のキンモクセイの花が満開になっている。
秋晴れの過ごしよい季節だ。
2
しだれ紅葉も次第に色付きはじめ、五葉松の青と対照的な色合いとなってきた。
Photo
田舎の屋根裏で、100年くらい囲炉裏の煙に燻され、飴色になった竹を持ってきたので、その竹を使って、なにか作ることにした。
まず、カミさんからの要望で、観葉植物などの鉢がプラスチック製なので、その鉢をかくす入れ物を作ってほしいとのことから、次のような入れ物を作った。
1
切れ端の竹にドリルで穴を開け、中にLEDの電球を入れて、竹灯籠を作った。
Photo_2
暇にまかせて、日曜大工も結構楽しいモノです。
3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜園 10月21日

先月、白菜とキャベツの種を蒔いたものが芽を出し、そろそろ移植しても良い大きさに育っている。
Dsc00572

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月13日錦江湾の釣り

9月は台風が立て続けに来て、釣りには行けなかった。
久しぶりに天気も良く、暖かい日なので、桜島周辺に釣りに行くことにした。
Sakurajima11
ポイントを探して、あちこち移動。
Sakurajimaturi
沖小島付近に、釣り船が集結しているようだ。
行ってみると、サバが入れ食い状態。
クーラー一杯になるまで釣ってしまいました。
帰ってからが大変だ、ご近所さんに貰ってもらうほかない。
「食べるだけ釣ってきなさいよangrydash
アレッ?今のは空耳か?coldsweats02sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

櫻井よしこ氏 講演

10月4日、櫻井よしこ氏の講演があることを知り、チケットを買って出かけた。
「美しく、強く、輝け、日本」と題して、「アメリカ・ファーストの米国、世界覇権の野望をあらわにした中国に挟まれた日本は、今こそ自らの手で自国民を守るべく備えなければならない。そのためにも安倍政権のうちに憲法改正を実現しなければならない。」と説いた。
世界の警察官であることを放棄した米のオバマ前政権、自国の利益追求の姿勢を隠さないトランプ政権、米だけに膨大な軍事費を負担させ、経済的利益を受けていると、同盟国を非難している。
一方で敵国で会ったはずの北朝鮮の金正恩を偉大な指導者などと持ち上げている。
また、昨秋の共産党大会で、習近平主席が、2035年までに経済で米国を抜き、2049年までに武力でも米国を抜き、世界強国になると3時間に及ぶ演説で述べたと紹介。その中で、世界をザクロにたとえ、周りの固い皮は共産党の教え、中の一粒ひとつぶは各民族とし、各民族は中国の秩序の下に治まるのがいいと主張したとのこと。
中国共産党の教えの下、サグロの実の一つになりたいか?と問いかけ、中国共産党の指導支配する世界の例をあげ、ウイグル自治区では100万人が強制収容されたといわれる事態があると指摘した。米国は議会で、中国の人権問題を取り上げ、詳細なリポートを作成して懸念を示している。
米国が守ってくれる時代が終わる中、日本は今こそ、自らの手で国民と国土と経済を守る必要がある。そのためにも戦後1文字も修正されてこなかった憲法を改正し、新しい一歩を踏み出すべきだ。と訴えた。
「ごもっとも、さもありなん」と思う講演会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸花

我が家の墓地にいく途中の土手に、彼岸花が満開となっている。
Dsc00560
彼岸花の蜜を吸いに、黒い蝶々が花に止まっている。
Dsc00561
今日は10月1日、もう秋ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ