教育再生フォーラムin鹿児島

知人の保育園園長先生から、「よみがえれ 日本の教育力 ~それは家庭からはじまる~」という講演会のご案内をいただいた。

これは一般社団法人倫理研究所の主催で、鹿児島県・市の教育委員会が後援しているもので、1月11日に宝山ホールで開催されました。

基調講演は倫理研究所の「教育再生は家庭から」と題し、丸山理事長のお話でした。

人生は生まれる前から始まっている。いきなり子供が学校に入る訳ではない。教育の基盤は家庭にある。家庭・家族の再生なくして、公教育の再生はない。

として、現状と問題点を3つ挙げた。

①改正された教育基本法が機能していない。②本末転倒であってはならない「子育て支援」③子育ての原理原則がわからない。

特に②番の政府や自治体の子育て支援が、家の外で働くお母さんの支援ばかり...というのはまったくそのとおり!

次に家庭教育のポイントについて

①子育ての大原則は「親子相関」

・親たちはうわべを飾り、人前をつくって上品に暮らしていても、子供たちは、堂々と、つつみかくしなく、親の心を実演する。家はその小さな名優の舞台である。

・夫婦は、いつも向いあった一組の鏡である

丸山先生の言葉である。身につまされる思いでした。

②「薫化」をもっと重視する。

大人が意識的に教育を行い、子供は意識的に受ける・・・教化

大人が意識的に、子供は無意識のうちに教育を受ける・・・感化

大人が無意識的に、子供は意識的に教育を受ける・・・倣化

大人が無意識的に、子供は無意識的に教育をうける・・・薫化

という4つの機能があるという。

③「みる」力を鍛える

目の前の子どもをよく「みる」~子供は小さな大人ではない。

見えないところを「みる」~目の付けやうは、大きに付る目也。観見の二つの事、観の目つよく、見の目よはく、遠き所を近く見、近き所を遠く見る事兵法の専也。(宮本武蔵「五輪書」水の巻)

④夫婦の愛和こそ基盤

子供にとってもっとも大切なのは「母の愛情」、自我意識が目覚めてから「立ちはだかる他者」としての父親の存在

⑤家庭の垂直軸を強化する

祖先とのつながり~家庭のどこかに祖先とつながる「聖なる場所」と持とう。

なかなか身につまされる事ばかりで、もっと若いときに聞いておれば...と思うことばかりでした。

休憩をはさんで、4人のパネリストによるパネルトークがありました。

元児童福祉士、高校教諭、保育園園長、保護司の4名が、それまでかかわってきた教育活動、福祉活動の経験をもとに教育の在り方について語りました。

最後に、コーディネーターの「“祖先を敬う”、“待つ”、“我慢する”ということを知ることが大事。昔は人様から頂いたものはすぐに与えることはせず、仏壇に供え(待つ、我慢する)、感謝の気持ちを持って頂きます。ということが自然に行われていた。」との話には共感いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インカ帝国展

マチュピチュ「発見」100年、インカ帝国展を見に行ってきました。

ペルー南部のクスコを中心に15世紀から16世紀にかけて繁栄したインカ族の国。

巨大な石の建築物や黄金細工、織物など、当時としては高い文化を持っていたが、1533年スペインによって滅ぼされ、最後の王アタワルバは処刑される。その時の処刑の様子は、首に刃物を当て小槌でトンとたたいて首を落としたと絵に描かれている。

S_2

インカの農耕儀礼、芸術と工芸、石材による建築技術、ミイラなど興味深い。また、3,500mの高地にある都市や広大な国土を統治するために、各地から情報が集められ、その情報伝達のためのインカ道整備、文字が無い代わりにキープというものを使って情報伝達が行われていたとか。

Inka06

このミイラ!(パンフより)はなんだか視線を感じますね!

最後に歴史家ハイラム・ヒンガムがインカの道を探検し発見した遺跡「マチュピチュ」を3Dスカイビューシアターで見せてくれます。マチュピチュへの旅という3Dの映像は結構迫力があります。鳥の視線でマチュピチュの都市や太陽神の神殿など見ることができます。

入口に模型がありましたので写真を撮りました。

S_3
なんだか模型とは見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積丹岬とうに丼そして小樽

ホテルの朝食をゆっくりといただき、珈琲ですっきりしたので、出かけることにした。

本日の予定は、レンタカーを借りて、積丹半島までドライブ、昼食を積丹のみさき食堂で、その後、積丹岬など散策の後、余市のニッカ工場、小樽の市内観光、朝里温泉のホテルへ宿泊の計画です。

ネットで予約していたJRレンタカーに9:10頃到着、手続きを済ませると、トヨタのビッツがすでに準備されていた。

地図や観光のお得なクーポン券など受け取って、車に乗り込む。ETCカードを入れ、ナビの操作をするが、クラリオンのナビは初めてなので使い方が解らず、係の人に教えてもらう。

まず、札幌中央卸売市場の場外市場へ向かう。ナビのガイドになれないため、交差点を早く曲がりすぎたり、通り越したり、グルグル回りながらようやく到着。今日は海老や蟹、ほたて、ほっけなど海産物の下見で、明日札幌に帰ってきた時にお土産を買うつもりだ。

海産物を買うのはいいが、なんといっても鹿児島までの送料が2,400円とは高い。とりあえず目星をつけ、さきイカの袋物500円を買って車に戻った。

これから、高速に乗って小樽へ。秋晴れのすがすがしい空気の中のドライブはなかなか快適。時速80kのところは80kで走る。すごくノロノロした走りに感じるが、みんなが制限速度を守っているということは、厳しい取り締まりをやっているのだろう。そう思いながらノロノロ走っていると、いきなりスピードを出した車に追い越された。レンタカー№だ。けっこう走っている車もいるんだ・・・と、こちらも100kくらいで走る。こちらの人は割とゆっくり走ることがわかった。

小樽の街を過ぎ、快調に走ると13:00頃、積丹半島の「お食事処 みさき」へ着いた。

1w500

ここも事前にネットで検索していたところで、うに丼の発祥の地だとか。店の前はすぐ海で、周りにわずか数戸の家があるくらいの漁師町だ。

入ってみると、お客さんは誰もいない。入口に順番待ちの名前を書く用紙が台の上に置かれている。いつもは順番待ちをするほど多いのだろう。

適当な席に座ってまずお品書きを

111w500 うに丼3,200円?

よ~し、南の果ての鹿児島からはるばるうに丼を食べに来たのだ!ここはひとつ奮発してうに丼をたべるぞぉ~

「すみませ~ん、ミニうに丼くださ~い」

W500 出てきました!ちょうどご飯茶わんくらいのどんぶりに味噌汁とたくあん。

ミニうに丼1,600円也。うには美味しい!でもご飯は味噌汁と...

どうもこの海鮮丼というのはごはんに味が付いていないため、刺身をオカズに飯を食っているみたいで、なんとなく合点がいかない。

ようやく昼食が終わり、店の人に「ウニは夏が美味しいですよ!夏に又いらっしゃい!」といわれ、そうそうに来れないなぁと思いながら食堂を後にした。

このところ朝昼晩、えび、かに、うに、いかなど魚介類ばかりで少し飽きてきたところだ。

積丹岬に向かう。

島武意海岸の駐車場に車を止め、暗いトンネルを通りぬけるとそこは「日本の渚百選」にも選ばれた島武意海岸だ。透明度が高く神秘的な美しさをたたえた海岸で、ビョウブ岩の入り江に青い(シャコタンブルーと言うそうだ)海が綺麗。

2w500

透明度が高いので、底の岩が見えます。

1w500_2ここも相変わらず修学旅行生と中国・韓国旅行者がざわめいていて、ようやく観光客が引き誰もいなくなった後、展望所から撮った写真です。

写真を撮りながらあちこち眺めていると、なんとなく変な臭いがします。磯の香りとは違った、動物園の檻の中の動物の臭いに似ている。

いやな予感がして、すぐにトンネルに向かって歩き出し、トンネルを出て駐車場に向かうところ、即ちトンネルの入り口にこのような看板がありました。

4w500  ゲェッ、熊出没注意?

熊出没注意ったって、くまさんに出会ったらどう注意するんだよ!死んだふりでもするのかな?

そうそうに車に乗って出発することに...

途中の海岸には色々な形の奇岩がある。

5w500 倒れそうで倒れない岩。

111 ろうそく岩と言うのもありました。太陽が沈む時、岩のてっぺんに重なると、まるで蝋燭に火をつけたようにみえるとのこと。ちょっと写真を拝借してみると、このように見えるそうです。

綺麗ですね。

私の撮った写真は

2v500 おっと向きが違っていました。

1w500_3 小樽に帰る途中の海岸で撮りました。

もうすぐ余市に着きますが、ニッカウヰスキーの工場に行くには少し時間が足りないようです。

次は小樽の街です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

高千穂神楽 戸取の舞

天照大神がお隠れになった、天の岩戸の前で、アメノウズメノミコトがおもしろおかしく踊ります。

天照大神が、少し岩戸を開けて外を窺ったところを、タジカラオノミコトがこじあける・・・という日本書紀の神話に基づいて舞われている神楽、その謂れを聞きながら見ると、面白く感じます。

それでは、タヂカラオの「戸取の舞」をどうぞ!

タヂカラオがこじ開けた岩戸を、ほおり投げたところ、長野県まで飛んでいったというのも、突拍子も無いことなのですが、神様におわしますれば、さもあらん・・・と、妙に納得したしだいですcoldsweats01

現代の子供にこんな話をすると、ウルトラマンと戦うとどちらが強いか.....?

と、聞かれそうですね。

次は、イザナギ、イザナミの国起こしの舞です........soon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高千穂神楽 鈿女の舞

天の岩戸の所在がはっきりしたので、岩戸の前で天鈿女命(あめのうずめのみこと)が八百余神(やおよろずのかみ)の前で天照大神を岩屋より誘い出すために舞った舞です。

天鈿女命(あめのうずめのみこと)の舞で賑やかになった外の様子を見るために、天照大神少し岩戸を開けます。

そこで、再び力自慢の手力雄の登場、岩戸を開きます。

次は戸取の舞・・・・・soon

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マイ・フェア・レディ

商工会議所の125周年記念公演「マイ・フェア・レディ」のチケットを頂いたので、見に行ってきました。1w500

オーケストラ演奏の本格的ミュージカルは素晴らしく、また、舞台も華やかで楽しめました。映画とは違い、臨場感はあります。

ただ、席が後ろでしたので、表情などがわかりません。オペラグラスを使って見ていると、舞台全体(他の人)の動きがわからないので、大地真央さんの長い台詞や歌のときだけオペラグラスを使ってました。

でも、俳優さんも歌唱力は歌手と同じなんですね!それとオーケストラの演奏は迫力ありました。場面場面の効果音もなかなか、指揮者は忙しいですね!舞台を見ながら譜面をみて演奏者を指揮するなど・・・最初の内は指揮者に見とれてました。V500_3

 

 

 

 

  

  

  

  

 

  

  

  

  

  

  

ミュージカルの舞台はン?十年前にウエストサイド・ストーリーを見たことがありますが、どんな俳優さんが出ていたか覚えてません。その後は、木の実ナナの「イカレタ主婦」とか何とかを見たことがありますが、あまり印象に残っていません。

それぞれの俳優さんはそれぞれに、良かったです。また機会があれば見にいきたいと思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (1)