ヴァイオリン コンサート

ヴァイオリニストの 田中 愛 氏からご案内を頂き、9月25日、久しぶりにコンサートに行ってきました。

ほっと一息 名曲コンサート

ヴァイオリン 田中 愛

ピアノ     竹下 智子

Simg105
ポスターは、田中 愛 さんの後ろ姿だそうです。素敵ですねlovelyheart04

田中さんは、鶴丸高校を経て、アメリカ、サンフランシスコ音楽院入学。Notre Dame de Namur University卒業。

15年間にわたり、サンフランシスコを拠点に、ソロ、室内楽、オーケストラ、オペラ、ミュージカルの演奏会に出演。現在は鹿児島で活動をしている。

相方の竹下智子さんは、国立音大卒業。その後、ドイツ・ライプツィヒ音楽大学にてピアノ、室内楽、歌曲解釈を学ぶ。セバスチャン・ブロイニンガー氏との共演など活躍。

現在は鹿児島国際大学で非常勤講師をしながら音楽活動をしている。

Simg106_3曲目

フリッツ・クライスラー:  テンポ・ディ・メヌエット

ロベルト・シューマン:  ロマンスA-Dur

エンリケ・グラナドス(クライスラー編曲):  スペイン舞曲

マニュエル・デ・ファリャ(クライスラー編曲): スペイン舞曲

チプリアン・ボルムベスク:  望郷のバラード

ナイジェル・ヘス:  ラベンダーの咲く庭で

マルグリット・モノー :  愛の賛歌

アストル・ピアソラ : リベルタンゴ

アストル・ピアソラ : アヴェ・マリア

アストル・ピアソラ : アディオス・ノニーノ

ほかアンコール2曲

ほんとに、日ごろの喧騒を忘れて「ほっと、ひといき」、7時から9時まで、ヴァイオリンとピアノの演奏を堪能しました。

クライスラーとシューマンの曲はほとんどの方がご存知だと思います。そのほか、モノーの「愛の賛歌」はブレンダリーだったかなcoldsweats01sweat01日本では越路吹雪さんでッ有名になったのかな。

それと、サントリーの宣伝で有名になった「リベルタンゴ」ひさしぶりに思い出しました。

また、印象に残ったのは、ヴァイオリンのソロで聞かせてくれましたチプリアン・ボルムベスクの「望郷のバラード」です。

ルーマニア出身の作曲家ボルムベスクは愛国運動に身を投じたため投獄され、帰ることのできない故郷に残した大切な人、愛する人々を想って作曲したといわれ、わずか29歳の若さで夭折したそうです。そういうお話を聞きながら聴いたこの一曲は心に残りました。

ひさしぶりのコンサート、昨年は女房と二人で聴きに来ましたが、今回は私だけでゆっくり楽しみました。

芸術の秋happy01goodですね。またどこかの演奏会や美術館めぐりでもしてみますかsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)